せふれサイトで知り合って出会えるかどうかは、メールで決まるといっても過言ではありません。どんなメールがいいのか、最初はわからないかもしれませんが、やりとりしているうちにコツがつかめてくると思います。ただし、何も考えないでただメールを送るだけでしたら、よほど運が良くないと出会いまではたどりつけません。
では、どんなメールがいいのでしょうか。

ズバリ、楽しいメールです。読んでいて楽しければ、相手はもっとやりとりしたくなるはずですし、その延長で会ってみたいと思うようになるものなのです。

どんなメールなら楽しいのでしょうか?まずは文体で言うならば、形式張った敬語だらけの文章は、面白くありませんね。

通常の会話をしているようなくだけた、フランクな感じの文体にしましょう。ただし、最初からくだけすぎていては相手は軽く見られていると感じますから、程度があります。

相手の方の口調に会わせるよう心がけましょう。趣味や職業、嗜好、考え方などによって話題も変わりますから、相手をリサーチすることも必要です。

かなり年下の女性と付き合いたいと思っている方は、多少無理をしてでも若者言葉を使うようにしましょう。むずかしい話などすると、年上だとばれて引かれてしまうか、金づるにしようと思われてしまいがちなので注意してくださいね。

年代によって話し言葉は違いますから、好みの年代の方が多くいる場所に行って周りの話をよく聞くのもいい勉強になります。

女学生でしたら学校帰りに立ち寄りそうなファストフード店、OLでしたらオフィス街の喫茶店、主婦でしたらランチタイムのファミレスなど、たまり場があるはずです。

mixiやgree、モバゲーなどに登録し、目当ての年代の人の書いている日記を読んで研究するのもいいでしょう。

最初から完璧などありませんから、まずは勉強のために実験台になりそうな好みの年代の相手を選んでメールをやりとりしてはいかがでしょうか。実験台などというと失礼かもしれませんが、案外、肩の力が抜けて、いい結果を生むかもしれませんよ。

そうしてやりとりを何度も続けていくうちに、どんな話題なら反応がいいのか、あるいは、メールの文体を変えてみて相手の感触をみたりしてください。

最も重要なポイントは、自分が楽しいと思うかどうかです。あなたが楽しんでいれば、相手もきっとその楽しさを感じるはずです。